typeracer

Pit Stop
You are not signed in | Sign In

Text Details

少年は、彼が真の選択肢はしていない?自己の利益、肉体的な苦痛への恐怖の自己は、グロテスクな行為屈辱に彼を行なった。ふじつ見られることは明らかだった。彼は加害者ではなくなります。また、クリーチャー1体を道徳的な選択をする能力があるとするとき。
Language: Japanese
This text has been typed 2 times:
Avg. speed: 45 WPM
Avg. accuracy: 28.0%