typeracer

Pit Stop
You are not signed in | Sign In

Text Details

古いさびしい空家の中で椅子が茫然として居るではないか。その上に腰をかけて編物をしてゐる娘もなく暖炉に坐る黒猫の姿も見えない。白いがらんどうの家中で私は物悲しい夢を見ながら古風な柱時計のほどけて行く錆びたぜんまいの響を聴いた。じぼ・あん・じやん!じぼ・あん・じやん!
時計 (poem) by 萩原朔太郎
Language: Japanese
Submitted by: sputype
This text has been typed 13 times:
Avg. speed: 91 WPM
Avg. accuracy: 78.9%