typeracer

Pit Stop
You are not signed in | Sign In

Text Details

ききわけのない女の頬を、ひとつふたつはりたおして、背中を向けて煙草をすえば、それで何もいうことはない。うれしい頃のピアノのメロディー、苦しい顔できかないふりして、男と女は流れのままに、パントマイムを演じていたよ。ボギー、ボギー、あんたの時代はよかった。男がピカピカの気障でいられた。
カサブランカダンディ (song) by 沢田研二
Language: Japanese
Submitted by: sputype
This text has been typed 8 times:
Avg. speed: 112 WPM
Avg. accuracy: 75.4%