typeracer

Pit Stop
You are not signed in | Sign In

Text Details

姫が「まだ私の言うことが嘘だと思うのなら、一度宮仕えをさせてみて、死ぬかどうかを見てみて下さい。私は多くの男性の熱心な求婚をことごとく断ってきたのです。それなのに、昨日今日で、帝がおっしゃっている事に従ってしまったら、世間から現金な女だと思われます。」と言うと、おじいさんは「世間の反応はどんなものであろうと構わないが、姫の命に危険があるということだけが、わしにとっての大きな気がかりである。やはり宮仕えはできないということを行って申しあげよう。」と言った。
竹取物語 (book) by 作者不明
Language: Japanese
Submitted by: sputype
This text has been typed 8 times:
Avg. speed: 145 WPM
Avg. accuracy: 76.8%